就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
102/192

シゴト場拝見!どろんこ会自然体験と地域交流の中で子どもの「にんげん力」を育む社会福祉法人どろんこ会は、平日の園庭開放や地域住民を招いた交流会などを通して、地域に根ざした保育施設を運営している。また子育て支援センターや発達障がい児の支援施設、病院・事業所内の保育所の開設やコンサルティングなど多様な保育事業を展開している。PLACE OF WORK◉施設名:ふじみ野どろんこ保育園◉施設長:古川みどり◉園情報◎ 施設種別:認可保育園◎定員:102名◎受け入れ年齢:0~5歳児◎開園時間:月~土/7:00~20:00◎休園日:日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)◉郵便番号:〒356-0051◉住所:埼玉県ふじみ野市亀久保  1256-6◉TEL.049-257-4162PLACE DATAどろんこ会の保育園の園庭には既製の遊具を置いていない。子どもたちが自ら考え、遊びを創り出す。園庭の中央にある築山は、滑り台に早変わり。子どもたちの笑い声が響き渡る。「にんげん力。育てます。」そんな保育理念を掲げるどろんこ会は、自然体験と地域交流の中で子ども主体の保育を実践する保育園を運営している。また異年齢保育やインクルーシブ保育を実践、児童発達支援つむぎの併設や、療育センターの運営も行っている。 築山や木登りができる木々がある園庭での外遊びや畑仕事、ヤギなどの生き物の世話を通し、園生活の中で生命を大切にする心や主体性を育んでいるのも特徴だ。 子どもたちは裸足になって遊び、園舎の縁側では、雑巾がけを行い自然と手足の運動感覚が養われる。異年齢の子どもと垣根なく遊ぶことで自分の役割に自然と気づき動ける仕かけもある。 そんな主体性を大切にする保育園だからこそ、保育士自らが主体性を発揮するチャンスも多い。例えば、園の行事などは職員が決めている。専用バスで子どもたちと出かけたり、新潟県の法人専用の水田で田植え・稲刈りをしたり、やりたい事ができる環境がある。また、キャリア育成にも注力しており、法人内で開催される食育や保育スキルに関する講座を自由に受講できる。園の枠を超えて自主的に研修を企画・実施するほか、バーベキューなど戸外活動も盛ん自然体験と対話の中で「にんげん力」を育む102

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る