就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
106/192

シゴト場拝見!木下の保育(木下グループ)「遊びは、学び」遊びを通して学ぶ意欲を引き出す総合生活事業を展開する木下グループの一員である「木下の保育」では、これからの未来をたくましく生き抜くための保育を実践している。それは特別なカリキュラムではなく、身の回りの生活から得る学び。遊びの中で、思いやりや協調性、数の概念、ひらがななどあらゆることを学ぶ。保育士は、子どもの遊びを支えていくファシリテーターだ。PLACE OF WORK◉施設名:木下の保育園 綱島東◉園長:林美奈子◉園情報◎ 施設種別:認可保育園◎定員:78名◎受け入れ年齢:0歳から就学前◎開園時間:月~金 7:30~20:30土 7:30~18:30◎休園日:日曜日、祝日および12月29日~1月3日◉郵便番号:〒223-0052◉住所:神奈川県横浜市港北区綱島東4-5-35◉TEL.045-543-6506PLACE DATA最初からうまくできる保育士などいない。気負わずに肩の力を抜いて歩んでいこう。子どもや職員、保護者との関わりを通し、保育士として一歩ずつ成長できる環境がある。 木下グループの一員として、東京・神奈川エリアで認可保育所や認証保育所・小規模園などさまざまな形態で31施設を運営する「木下の保育」。定員19名の家庭的な小規模園から大きな園庭のある90名の大規模園、駅近・商業施設内の園など、さまざまな特徴があるので、自分の保育スタイルに合った園を選ぶこともできる。 保育理念は「生きる力を創る」。子どもがこれからの時代をたくましく生き抜くための基礎を養う保育を行っている。木下の保育園 綱島東の林園長は、「子どもは有能な学び手。日々の暮らしの中にある何気ないことにこそ学びがあります」と話す。例えば、和食中心の食事でよく登場する切り干し大根。「どうやってできているんだろう」という子どもの「ふしぎ」の気づきや好奇心から、実際に作ってみる。「大根」の変化に対する純粋な驚き。そういった発見の経験が学びへの意欲、原動力となることを願って関わっている。 保育士は、子どもの学びに寄り添うファシリテーター。これが木下の保育園がめざす保育士の姿だ。日常での子どもの興味や関心に保育士がアンテナを張ることができるよう、全員で語り合う時間を持ち、互いの気づきや子どもの遊びの中から学び生きる力を創る106

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る