就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
115/192

社会福祉法人のためなし270名(2018年1月現在)社会福祉法人のためなし東京都(北区桐ヶ丘、大田区蒲田本町、練馬区春日町、江東区豊洲、江東区千田、江東区木場)、神奈川県(横浜市青葉区あかね台)保育士、調理(栄養士または調理師)資本金従業員売上高勤務地募集職種本社:〒135-0061 東京都江東区豊洲2-5-3-101 アーバンドックパークシティ豊洲 COURT-CTEL.03-5547-0075http://www.miwanokai.jp/社会福祉法人みわの会SPECIFICATION1 就学前の大切な時間を豊かな遊びと人との関わりの中で「生きる力」を養っていく。 2 園庭で季節ならではの遊びを思い切り楽しむ。その時「子どもが感じること」を大事にし、大人がさえぎることはしない。 3 開園当初から在籍するベテランに入職数カ月の新人まで。上下なく素直に話せる風通しの良い人間関係が自慢だ。 4 新入職員も活躍中。ブラザーシスター制度で先輩保育士がしっかりとサポートしている。 5 園内研修、会議ではみんなが意見を言いやすい雰囲気を作っている。職員の「和」「チーム力」を大切にしている。 6 積木コーナーなど、あそびを選んでじっくりと遊びこめる保育環境を整えている。 7 美術あそびの一場面。“作品を作る、仕上げる”ということにこだわらず、その過程や個性を大切にしている。 8 壁一面に子どもたちの作品がずらり。ひとつとして同じものはなく、まさにその子らしさが際立っている。当園は子どもにとってのベストを探っていくチーム保育を大切にしています。ファシリテーション研修を実施しチームをけん引する力を養い、そのほかの研修も自ら手を挙げて受講するスタイルで個々の自主性を尊重。そのためのバックアップ体制も整えています。誰もが自由に考え方を表現できる風通しの良い雰囲気が当園の自慢です。私たちと共に成長していきましょう。(主任 松浦美帆さん)互いを認めあい成長する環境24681357POINT IN CHECK子どもたちを取り巻く職員もそれぞれの個性、独自性を認め、子どもを中心に保護者も職員も、すべての人が幸せになれる保育園であることを心がけている。「ここにいると子どもも大人も人はそれぞれ違う人間で、違う気持ちを持っていることに日々気づかされます」。話し合いは常に個々の考えを受け止め尊重しながらも子どもにとっての最善は何かという視点で語られるという。また新入職員にはブラザーシスター制度を設け、常に誰かがそばにいて不安や疑問を解消している。「自問自答と葛藤の連続ですが、それを積み重ねることこそが成長につながっていくと思います」。一人ひとりを尊重しながらお互いをカバーしあい、大きな信頼を育てる。ここは子どもも大人も共に成長できる場所だ。東京 7/1115

元のページ  ../index.html#115

このブックを見る