就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
117/192

く、ここの職員や保護者に対しても同じ考えだという。「自分の想いや考えを発信し、対話し、わかり合う。そこに信頼関係が芽生え、相手の幸せを願う人間関係が成り立つのです」。この渡部常務の考えは、「複数担任制」にも通じている。一人で抱え込まず、「何がその子にとって一番良い方法なのか」を全員で話し合いながら取り組める。それが園の理念や指針などに沿っていれば、子どもたちの受け止め方や表現は自由。だから、個性を発揮しやすい環境でもある。「みんなの家」に集う子どもと職員が、「愛されている」と実感できる「家」のような温かい場所。それが同園の何よりの魅力だ。1 言葉への興味が増す年長児に習字が得意な職員が書道遊びを実施。正しい日本語を知り、正しい書き順を学ぶ。 2 遊びの時間は職員も子どもと一緒にとことん遊ぶ。男性職員が活躍している。 3 道路を挟んだ向かいには緑豊かな公園がある。天気の良い日には草木に触れたり小鳥の鳴き声を聞いたりと、「外遊び」の時間をとっている。 4 園児にとっては楽しい給食の時間。一人ひとりに目をくばり、食事における成長を確認している。 5 室内には子どもたちが自発的に楽しめるアイテムがいっぱい。異年齢の子どもたちが一緒に生活することで、自然と社会性と協調性を学んでいる。 6 0~1歳クラスは6名、2歳クラスは3名、3~5歳は4名の常勤スタッフが中心となって保育する。 7 昨日までは興味を示さなかった子どもが、今日は歌ったり笑ったり。毎日の変化がやりがいとなる。 8 劇の衣装を制作。季節に合わせてさまざまなイベントを企画している。専門知識は確かに必要ですが、より良い人間関係は専門知識だけでは築けません。それは、子どもとの関係はもちろん、スタッフ同士で『伝え合える』ことです。そのため、当法人では、保育の手法よりも、チームビルディングの研修や人間関係を良くするセラピーを積極的に行っています。こうした考えや取り組みが、職員同士の仲の良さに通じているのかもしれません。(常務理事 渡部史朗さん)人との関わりを通して成長できます24681357POINT IN CHECK社会福祉法人のためなし200名(2017年4月現在)社会福祉法人のためなし東京都(大田区、世田谷区、豊島区)、福岡市西区保育士資本金従業員売上高勤務地募集職種〒143-0025東京都大田区南馬込1-6-4 メゾン南松原209TEL.03-6429-9440http://www.tsubasa-f.or.jp/社会福祉法人つばさ福祉会SPECIFICATION東京 4/14、5/20 横浜 5/27 117

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る