就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
131/192

マハヤナ学園学校法人のためなし法人規定により非公開法人規定により非公開東京都板橋区保育士、指導員、栄養士学童保育指導員資本金従業員売上高勤務地募集職種本社:〒174-0063 東京都板橋区前野町5丁目7-10TEL.03-3960-1990http://www.mahayana.or.jp/社会福祉法人マハヤナ学園SPECIFICATION「マハヤナ」とは、古代インドのサンスクリット語で「大きな乗り物」という意味を持つ。転じて「多くの人々を救う、幸せにする」という偉大な教え、優れた教えを指している。この大乗仏教の精神を理念として、同園の子どもたちは、乳児から幼児期に、心と体を慈しみ、感謝と思いやりの気持ちに満ちた毎日を過ごしている。「朝一番に体と気持ちを起こそう!」が合言葉。子どもたちと先生は元気に動き、声をかけ合い、明るい笑顔で一日をスタートする。広いホールでは、リトミックや運動を日課に取り入れ、子どもたちが元気いっぱいに伸び伸びと体を動かしている。 同園で保育士は、生活の中で子どもたちに共感を寄せ、生きる力の芽生えに関わる援助者と位置づける。そのために質の高い保育士の養成に注力。新人職員には年齢の近い先輩職員がチューターとしてサポートし、保育スキルを伝えながら、どんなことでも相談に乗る。自身の育児と並行して仕事を続ける先輩職員も多く、急な休みや早退をカバーできる体制も整っている。 保育士は子どもと過ごせる毎日と仕事に感謝し、経験を積みながら成長。今後も先輩たちに続く、向上心と責任感を持った、若い人材に期待を寄せている。合言葉は「朝一番に体と気持ちを起こそう!」南の日差しが降り注ぐ教室で、先生の話にお行儀よく耳を傾ける年長の子どもたち。感謝と思いやりの心を育む保育は、日々の積み重ねの中で、子どもたちの成長の肥やしとなっている。保育士は子どもたちの生きる力を育む、力強いサポーター2019年に創立100周年を迎える社会福祉法人マハヤナ学園。現在、板橋区前野町に児童養護施設、保育園、学童クラブの3つの施設を運営している。大乗仏教の精神を理念とし、仏教保育を中心に、子どもたちと共に感謝と思いやりの気持ちを大事にしながら、保育を展開する同園の取り組みに耳を傾けた。PLACE OF WORK1 園庭で元気いっぱい遊ぶ子どもたち。周囲には小学校や老人施設があり、地域交流も盛んだ。 2 外階段の横には滑り台が並行して設置され、安全優先で園児を遊ばせている。 3 自然光が十分に入る園舎で子どもたちは伸び伸びと遊ぶ。 4 若い世代の保育士が活躍する職場は、チームワーク良く明るい笑顔であふれている。 2413〒174-0063住所:東京都板橋区前野町5-24-10TEL.03-3960-2850PLACE DATAマハヤナ第二保育園東京 9/23131

元のページ  ../index.html#131

このブックを見る