就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
138/192

掲示物の作成などはもちろん、日常の保育の中でもイラストを描くことの多い保育士。子どもが「かわいい!」と喜ぶ絵を、サラサラと描いてみたいと思ったことはありませんか? そこで、保育士が描く機会の多いテーマについて、その道のプロであるイラストレーターさんが直伝! 簡単にかわいいイラストを仕上げるコツを教えてもらいましょう。イラスト・監修 加藤愛里(アスタリスク)キホンの顔まずはイラストの基本、マルをきれいに描くことを意識しよう!鼻を中心に添え、目の位置を動かすことでイメージを調整できます。赤ちゃん顔のパーツを上のほうにぎゅっと寄せると、幼くかわいらしい顔立ちになります。男の子やんちゃな表情や大きな動きを取り入れて。女の子おませな表情やキュートなポーズを再現。おじぎ鼻は、顔の真下にちょこんと付ける。目をぐっと下に寄せて。歩く手を体の真ん中から出し、足を「ハの字」にすると動きが出ます。手を振る手を肩からまっすぐ伸ばす。顔のパーツも上の方に描くと「見上げている」顔に。キホンキホンの全身子どものイラストなら、3等身がおススメ。頭のサイズを大きめに、手足を短めにするとより子どもらしい印象に。男の子・女の子をかきわけよう!赤ちゃんにしてみよう!体を動かしてみよう!人物のイラスト1イラスト講座子どもが喜ぶプロが直伝!等間隔に138

元のページ  ../index.html#138

このブックを見る