就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
21/192

持ちつづけていて、これからも大切にしていきたいと思っています。子どもたちだけでなく、子どもと向き合いつづけているお母さんやお父さんへ歌を届けたいという気持ちもあります。仕事や家事に追われる中で子どもと向き合いつづけることは、私が想像する以上に大変なことでしょう。だからこそ、コンサートにいらしている間だけでも、気持ちをほぐしたり、日頃の疲れを癒やしていただけたらと思います。さらに、「コンサートで聞いたあの曲、おうちでも歌ってみよう!」とお子さんとの会話が弾んだら、私としては最高にうれしいですね。夢の実現に向け勇気を出して新たな扉を開こう! 私のことを「華やかな舞台で夢をかなえつづけてきた人」と思ってくださる方もいるかもしれませんが、決してすべてが順風満帆だったわけではありません。新たな扉を開けて歩いていくときは、本当に不安で心細いもの。つまずいたり思いどおりの結果が得られなかったりして涙することは誰にでもあります。夢をかなえたとしても楽しいことばかりが待っているわけではなく、ひょっとしたら大変なことのほうが多いかもしれません。 それでも、まずは自分のやりたいことに向かって、勇気を奮って一歩踏み出すことが大切だと学生の皆さんにはお伝えしたいです。若いときのほうが目の前にある扉を開けるパワーが強いと思いますし、くやしさを糧にできる機会も多いはず。一度しかない人生で自分の夢を実現していくためにも、あきらめず前へ進みつづけてほしいです。童謡歌唱コンクール(本文参照)で審査員を務め、はいださんの声楽の師でもある作曲家・中田喜直氏が生前、はいださんによる歌唱を願った作品の数々を収めた一枚(19曲収録)。実父であるピアニスト拝田正機氏との共演も聴きどころです。『中田喜直の世界 ほしとたんぽぽ』うた/はいだしょうこ  ピアノ/拝田正機(ホリプロ)はいだしょうこさんの最新作品21

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る