就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
22/192

『世界中のこどもたちが』『にじ』『さよならぼくたちのようちえん・ほいくえん』……。保育に携わる人なら誰でも一度は耳にしたことがある珠玉の名曲を生み出してきた新沢としひこさん。シンガーソングライターとして長年活躍しつづけるその土台には、保育者として現場に立ち、子どもたちとともに泣き笑いした経験が生きていました。Text: Hitomi Nakazawa(Knowledge-ring) Photo: Kazuhisa Yoshinaga子どもたちとの日常から生み出される音楽の力新沢としひこシンガーソングライター神戸親和女子大学 客員教授中部学院大学 客員教授学生時代よりライブハウスで音楽活動を始め、大学在学中から保育者としての経験を積む。子どもから大人まで広く楽しめる楽曲を創り出し、特に作詞を手がけた「世界中のこどもたちが」は小学校の音楽教科書にも採択されている。現在は音楽活動のかたわら大学客員教授、保育講習会の講師を務め、児童文学の執筆にも取り組んでいる。新沢としひこインタビュー22

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る