就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
44/192

保育士のライフスタイルKids Smile Project 幼少期の音楽体験が、のちの人生を豊かにしてくれることを実感していた三宅さん。「保育を通して、子どもたちに音楽の楽しさを伝えたいと考えていました。毎日子どもと接する保育士の特技を日々の教育に生かす、というキッズスマイルプロジェクトの理念と体制に惹かれたのが入職の決め手です」 同社は、スタッフの個性を保育に生かすことができる柔軟な経営理念が特長だ。それぞれの園が工夫を凝らす余白を残し、保育カリキュラムにも自主性を重んじている。 入職2年目を迎える三宅さんも、音大で培った専門知識を発揮した保育を実践中。4~5歳児の保育に加え、1~5歳児のリトミック教育を担当している。音楽に合わせて体を動かしたり、リズミカルに楽器を鳴らしたりすることで、コミュニケーション能力、即時反応性、自己表現力を養うことができるリトミックは、子どもたちも大好き。しかし、4歳を過ぎて自我が芽生えると「なぜこんなことをしなきゃならないの?」と疑問を持つ子も出始める。そんな時は、これをするとこんないいことがあるんだよ、と目的をわかりやすく説明して、子どもの理解自分だからこそできる特技を生かした保育を力を養うよう努めるそうだ。「素直に甘えられなかったり、気持ちにムラがあったり、子どもの状態は日々変わります。適切な声がけができないと、感情がねじれてしまうことも。その子が何を求めているのか、気持ちに寄り添って考える努力をしていますが、まだまだ経験不足で、できることは何でも試してみる毎日です」 リトミックも、子どもたちの予想を裏切るような驚きと喜びを与えるよう、わざと不思議な音を出したり、緩急を極端につけてみたり、と工夫を考えるのが楽しくてたまらない、と三宅さんは語る。「最近は、外で大声を出せないことも多く、正しい声の出し方を知らない子が増えています。喉の健康や精神の安定にも正しい発声は役立つので、『その声は違うね、ぞうさんの声で話してみようか』など、声楽の知識を生かした指導を心がけています」温かい仲間に囲まれながらプライベートも充実 三宅さんは名古屋出身で、親元を離れて一人暮らしをしている。しかし、園長先生や同僚たちがまるで家族のように温かく優しく見守ってくれるので、寂しさや不安を感じることは一切ないという。「これがしたいと言えば皆が後押ししてくれます。やりたいことを諦めなくていい環境ですね。皆さキラキラ輝ける理由は自分らしさを生かせる職場だから歌のお姉さんに憧れ、子どもたちに音楽の楽しさを伝えたいと保育士の仕事を選んだ三宅さん。園長の母親のような大きさに触れ「ここしかない」と入職して1年、充実した毎日を送っている。LIFE STYLE地元・名古屋で定期的に開催しているコンサートの様子。念願かない保育士になってからも、声楽をはじめとした自己研鑽に余念がない。入職1年経ち、リーダーに昇格。「昨日できなかった子が、今日はちゃんとやっている。子どもの成長を感じられる瞬間にはやりがいを感じます」と三宅さん。三宅里歩さん保育士2017年入職。キッズガーデン武蔵野関前勤務。音大の声楽科で学ぶ傍ら、専門学校で保育士資格を取得。子供の頃から華道、書道、バイオリンなど多くの習い事をしてきた。現在、学生時代から希望していたリトミックを生かした保育を実践している。PROFILEOFFON44

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る