就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
55/192

4億9,900万円421名(2017年4月1日現在)302億5,000万円(2017年3月期)東京都、千葉県、神奈川県保育士資本金従業員売上高勤務地募集職種本社:〒101-8415東京都千代田区神田神保町2-30 昭和ビル採用窓口:〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-20SP神保町第2ビル2FTEL:03-3515-6785http://www.shopro.co.jp/hoiku/recruit/株式会社 小学館集英社プロダクションSPECIFICATION1 同期と横浜で占いをしてもらった帰りの一コマ。 2 得意な絵本の読み聞かせで、子どもたちを物語の世界へ引き込んでいく。 3 ケーキを買って、風邪で休んでいる同期をお見舞い。お互いに支え合える仲間の存在は大きい。 4 おやつを通して「できた」ことを一緒に喜ぶ。小さな関わりが子どもたちにとっても大切な時間に。 5 休日は友だちといろいろな場所へ。おいしいものを食べるのが一番のリフレッシュ。 6 頼れる先輩にいろいろ教えてもらえる。職場のコミュニケーションも抜群だ。もあるという。 「一人で首都圏に来て、こんなに友だちができるとは思ってもみませんでした。これも内定者懇談会のおかげ。課題発表をしたグループがそのまま仲良くなりました」 同期は約60人。フォローアップ研修などでみんなと会う機会があり、さらに友だちが増えていく。たくさんの仲間に恵まれて、楽しい社会人生活を送っている。子どもたちにとってかけがえのない先生になる 仕事のやりがいは、子どもの成長を感じたとき。 「プールで顔を水につけるのが怖いというお子さまがいて、お友達がどんどんできるようになると、悔しくて家で何度も練習して、やっとできるようになったんです。それをみんなで喜べることが何よりもうれしかった」 こうして保育の仕事を楽しめるのも、同じ理念のもとに一緒に働いている先輩たちのやさしさがあってこそ。事務や行事などの業務が立て込んできたら「保育から抜けていいよ」と言ってくれたり、一人暮らしの鵜飼さんを気にかけて、仕事帰りにごはんに誘ってくれることにも感謝しているという。 鵜飼さんの目標は、子どもたちに「たのしい」と思ってもらえる保育士になること。その思いが伝わっているのか、さき先生を囲んで子どもたちが笑い合っている姿がとても微笑ましい。142536東京 4/14、5/20、7/1、9/22 大阪 5/13 仙台 7/1 福岡 7/8 55

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る