就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
69/192

参加できるなど、保育士たちの学びたい意欲に手厚く応えている。 2017年度には「ベリーベアー深川冬木」をはじめとする3つの園がオープンした。これまでの実績が自治体に評価され、1400坪という敷地に豊かな施設環境を備えた同社を代表する大型の園が完成した。2018年度にも新園のオープンを予定しているが、あくまで保育の質を保てるペースで着実に広げていく方針。会社が成長過程にある今、子どもたちの未来だけでなく、職員一人ひとりも成長しつづける環境づくりをしている。 社宅制度をはじめとした各種福利厚生制度の充実、有給休暇取得率95%の実現、意見を交わしやすい社風など働きやすい環境もしっかり整えたうえで、同社はこれからもめざす保育の実現に向け精力的に取り組んでいく構えだ。1 ベリーベアーのロゴマークは、子どもたちもお気に入り。保育士のエプロンや食器類にも使われている。 2 落ち着いた開放的な外観。そして安心安全のセキュリティ。玄関の広さは子どもたちと真摯に向き合う同社のこだわりのひとつ。3 自然素材を活用したランチルームは、いろいろな年齢のお友達と触れ合える場所。 4 広い廊下にも遊び心がいっぱい。木のおうちの中で絵本を読んだり遊んだりと自由に使える。5 ゆったりとした環境の中、少人数担当制の丁寧な保育を行っている。大人都合ではなく、子どもたちの主体性を大切にしている。 6 カリキュラムは園により、さまざま。茶道のカリキュラムでは、茶道家を講師として本格的に礼儀作法を学んだり、日本文化に親しむ機会を設けている。 7 明日から役立つ保育スキルを学べる研修を現場の要望に応じて園内で実施。保育士の成長意欲を応援する。8 先輩が新人の不安や悩みに寄り添ってくれるので心強い。私は入職し、主に乳児クラスを担当してきました。異なる環境を経験してみたくなり、一時期は他社の保育園に転職しましたが、当社の素晴らしさを再認識して、再入職。清潔感あふれる園舎、しっかり有給取得できること、保育士間の仲の良さ、社宅の存在など、魅力の多い会社です。子どもたちの笑顔に元気をもらいながら有意義に働けています。(入職9年目保育士 安嶋 藍さん)清潔感あふれる環境が魅力です24681357POINT IN CHECK同社は昨年、「乳幼児と音」の研究を行う聖心女子大学 今川教授と連携。保育技術とその質を高めるための取り組みを開始した。子どもたちがさまざまな楽器に触れられる機会として、プロによるミニコンサートを開催した。いずれは共同研究を行い、その成果を発信していける園をめざすと意欲的だ。「入職後も、新しい保育技術を学んで成長したい」という若手の増加にも期待を寄せている。求める人物像69

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る