就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
71/192

「これからお誕生会で、大型絵本を読むんです」と笑顔の中村さん。昨年4月に開園した深川冬木園で保育士としてのキャリアをスタートさせた。新しい園のため、すべてが初めてづくし。都度皆で話し合い、毎月のお誕生会や運動会などの行事を実現させてきたという。 中村さんは秋田出身。都会で働く憧れがあり、充実した社宅制度がある同社に注目したが、最終的に決め手となったのは、職員たちの明るさや仲の良さ。入職後もその印象は変わらず、積極的に声をかけてくれる先輩たちに、日々さまざまな局面で助けられているそうだ。 入職以来、0歳児クラスで6名を担当しているが、一人ひとり月齢も生活時間帯も異なるため、同時に数人をみる難しさを感じる瞬間も。しかし最近は、二人同時に寝かしつけたり、一人にはご飯、もう一人には着替えをさせたりと、並行作業もできるようになってきた。共に0歳児を担当する安嶋先生からも、「中村先生が積極的に声がけしたり、子守唄を歌ったりすると、子どもたちも笑顔になります」とお墨付きだ。 初めての一歩を踏み出す瞬間に立ち会えるなど、子どもの成長に触れられるのが何より楽しいという中村さん。「泣きやませが上手になりたい」「2・3歳児も担当してみたい」など今後の目標も胸に、保育士としての成長の階段を今、一歩ずつ確かに上っている。充実した制度と温かい人間関係のなか、確かな成長を実感2017年入職。高校時代、乳児院で子どもと触れ合う体験をしたのをきっかけに、保育士を志す。現在暮らす社宅では同期とお泊まり会をするなど、交流も盛ん。東北エリアの就職フェアにはリクルーターとしても参加した。ダンス部だった過去もあり、「園の夏祭りでみんなで踊ったことが、昨年一番の思い出」と語る。PROFILE中村真梨さん保育士職員同士が支えあい新しい園を作り上げる園と共に成長する日々入職1年目の中村さんは入職と同時に開園した『ナーサリールーム ベリーベアー深川冬木』の配属となり、先輩職員と共にゼロから新しい園を作り上げていった。そのため、同園では職員同士が協力しあう風土が特に強く根づいている。先輩や同期に支えられ、順調に保育士としてのキャリアを積み重ねている中村さん。この1年での自身の、そして園の成長について聞いてみた。『ナーサリールーム ベリーベアー深川冬木』の保育士にきく9,800万円400名(2017年9月現在)非公開東京都、神奈川県保育士、栄養士、看護師資本金従業員売上高勤務地募集職種〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-16-18サンド─原宿ビル3階TEL:03-5468-6600https://www.ness-corpo.co.jp/株式会社ネス・コーポレーション(ナーサリールーム ベリーベアー)SPECIFICATION北海道 7/7 東京 4/14、5/20、7/1、9/22 仙台 7/1  横浜 5/27 名古屋 8/5 京都 5/27 大阪 5/13、7/8 福岡 7/871

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る