就活スタート号 保育・幼児教育系学生版
79/192

 保育士がアイデアを出し合いながら「やってみたい」を実践できる保育環境で働きたいと考えていた上垣さん。「見学させていただいた園で、現場主体の保育を行っていることや、保育士さんの笑顔や雰囲気の良さも気に入り、入社を決めました」 配属された「太陽の子 南砂2丁目保育園」は2017年4月から開園した保育園。「保育士も子どもたちも、最初は不安がありましたが、今では互いの信頼関係もできてきました」 ハロウィンイベントの際は、得意な制作で子どもたちに思い思いに絵の具でおばけを描いてもらい、展示。皆に喜んでもらえたことで、自信がついた。 とはいえ、保育士としてスタートしたばかり。「これでいいのかな」と思うこともある。そのような時は、先輩の保育士に「こうした方がいいよ」とその都度助言してもらいながら、働ける。「ほかのクラスの先生とも関わりやすく、園長先生がいつも全クラスを見て回り、お手伝いにも入ってくださるんです」 加えて、豊富な研修が用意されていることも上垣さんが同社に魅力を感じた理由でもある。「保育の専門知識を習得できるだけでなく、社会人マナーや一般常識なども学べ、役立ちます」 保育の幅を広げてさらに成長をめざす上垣さんだ。周囲の支えや研修により1年目の不安も解消2017年入社。発達教育学部児童学科卒業。関西出身。上京に際しては、会社で行ってくれた家探しや引っ越し費用、家賃補助などは随分助かった。説明会で聞いていたとおり、基本的に定時に帰宅し、持ち帰り業務もない。休日は、同期と食事に出かけたり、東京散策を楽しみ、徐々に社会人生活にも慣れてきた。PROFILE上垣友里恵さん保育士子どもが笑顔になる保育を主体的に創造「主体的な保育を実践したい」との思いがある反面、関西出身で、東京での社会人生活を送ることへの不安があった上垣さん。しかし、そんな不安を払拭してくれたのが、職場内のフォローアップ体制や豊富な研修制度だった。入社年と同じタイミングで開園した園は、相棒的な存在。園長先生はじめ先輩保育士と一緒に温かく、魅力のある保育園を育てていく。「太陽の子 南砂2丁目保育園」の保育士にきく1億円1,443名(2018年1月現在)76億円(2017年9月期)東京、神奈川、埼玉、千葉、長野、北海道、沖縄(勤務地は希望を考慮します)保育士、保育補助(国家試験で保育士資格取得をめざす方)、栄養士資本金従業員売上高勤務地募集職種〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー18F(総合受付19F)TEL.0120-336-076(採用直通)https://www.hoiku-saiyo.com/HITOWAキッズライフ株式会社SPECIFICATION東京 4/14、5/20、9/22 立川4/21 横浜 5/27 千葉 7/29 79

元のページ  ../index.html#79

このブックを見る