マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
47/88

「目下の課題は、優先順位のつけ方です。先輩方は、瞬時に優先順位をつけたり、周りと協力しながらキビキビ働かれているんです」と上里さん。元来マイペースを自認しているので、先輩から学び、トライアンドエラーで一歩ずつ前進しているところ。入職の決め手となり、「みんなのお母さんのような存在」である看護部長との距離も近く、安心感を持ち、働けている実感がある。上里優依さん板橋中央総合病院職種 看護師入職年 2018年出身校所在地 沖縄県病院所在地 東京都診療科目 心臓血管外科・循環器内科病棟Profile「この看護部長についていきたい」と思ったことで、同院への入職を決意。大学から一人暮らしをしていたため、上京することに不安はなかった。人と話すことが好きで、患者さんとも積極的に関わり、いつも前向きに仕事に取り組んでいる。47

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る