マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
49/88

また、院内で看る患者さんの姿は一部であり、日常生活への視点を再認識することになった。 「普段患者さんがどんな暮らしを送ってきたか、何を大切にされているのかを見るようにしなさいと先輩から指導を受けています。余命のある疾患であれば、退院後どのような生活をされたいのか、尊重したいです」 今は、見るもの聞くもの、全てを吸収し、それらを成長の糧にすることで精一杯だが、地域のお年寄りへも思いを馳せる上里さん。同院では地域の方々への健康相談会と、小さなお子さま向けの縁日「看護まつり」を開催しており、次回の参加を楽しみにしている。「私の故郷は、沖縄の離島。幼い頃は地域のお年寄りがどの家の子どもたちも分け隔てなく面倒を見てくれました。故郷に限らず、お年寄りが生き生きと住み慣れた地域で暮らしていただけるように、少しでもお役に立ちたいです」自分の生まれ育った環境や経験も含め、自分なりの看護観を育み、成長する上里さんだ。「目が大きくて知的、一度見たら忘れない」。それが面接をした時の第一印象で、彼女なら当院のめざす「記憶に残る看護」をしてくれる、そう思いました。入職後も礼儀正しく前向きに仕事をこなす期待通りの人材で、これからも「自分らしくまっすぐに看護の道を究めてほしい」と思っています。竹内由美さん看護部長1 同じ病棟で働く同期は、励まし合い、高め合う良き仲間だ。 2 手厚いサポート体制があるから早い段階から担当を持ち、看護師としての実践を重ねていく。 3 院内には、図書室があり、調べ物ができる恵まれた環境がある。 4 最近はお気に入りのコードレスイヤフォンを付けて好きな音楽を聴きながら外出することもある。 5 ワークライフバランスが保てる環境があり、連休を取り、地方旅行にも出かける。 6 IMS大運動会で上里さんはチアリーディングを担当し、チームの活躍を盛り立てた。214365messageCONTACT院長新見能成(麻酔科主任部長)看護部長竹内由美(認定看護管理者)病院種別 一般病院設置体 医療法人病床数 579床職員 1,443名       (2018年4月現在)看護師 553名       (2018年4月現在)看護体系 一般病棟7:1外来患者 995名/日          (2018年4月)入院患者 435名/日    (2017年度)診療科目内科(総合診療科)/呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/血液内科/腎臓内科/人工透析内科/神経内科/脳血管内科/糖尿病内科/腫瘍内科/外科/呼吸器外科/消化器外科/心臓血管外科/整形外科/腎臓外科/脳神経外科/形成外科/美容外科/精神科/リウマチ科/小児科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科/救急科/放射線診断科/放射線治療科/病理診断科/麻酔科 全34科医療法人社団 明芳会 板橋中央総合病院(IMSグループ)〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-12-7TEL.03-3967-1169(看護部直通)https://www.ims-itabashi-kango.jp/はこちら49

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る