マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
62/88

基本理念﹃愛の病院﹄に共感災害時に活躍できる看護師に寺谷 東日本大震災の様子をテレビで見て、自分も災害救護で活躍したいと赤十字病院に入職しました。赤十字病院では災害時に要請があれば出動する救護班を組織しているので、ほかは一切考えませんでした。いずれはDMATにも参加できるスキルを身につけていくことが目標です。渡邊 赤十字病院では入職1年目に全員が救護に関する教育を受けますが、それ以上のレベルへのステップアップと救護班への参加は任意です。当院は三次救急医療施設なので、急性期から慢性期までを診ることができ、非常に幅広い経験を積むことができます。看護師としてゼネラリストをめざすには最適な環境だと思いますよ。寺谷 東京で働きたいと思っていましたが、地元から一人で上京することは不安でした。でも『愛の病院』という基本理念に魅力を感じてインターンシップに参加し、患者さんを思いやる先輩たちの姿を見て「この人たちと一緒に仕事をしたい」と心が決まりました。初めての一人暮らしですが、寮にたくさんの同期が住んでいるので、よく一緒に勉強をしています。三次救急医療施設でありながら慢性期から在宅までをカバー三次救急医療施設でありながら、退院後の在宅看護にまでカバーするという武蔵野赤十字病院。患者さんの意思決定を支えるチームナーシングのあり方と、地域の医療機関との連携について聞いた。Real Talk寺谷光由さん武蔵野赤十字病院職種 看護師入職年 2016年出身校所在地 愛媛県病院所在地 東京都診療科目 循環器内科・心臓血管外科若手看護師渡邊規子さん武蔵野赤十字病院職種 慢性心不全看護認定看護師 看護係長入職年 2001年出身校所在地 東京都病院所在地 東京都診療科目 救命救急センター先輩看護師武蔵野赤十字病院公的病院/日本赤十字社看護師リアルトーク62

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る