マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
67/88

ても退院すると栄養状態が悪くなる患者さんが多くいます。そうなると、外来での化学療法など治療の継続が難しくなるケースも。Mさんが勤務する病棟は、ほかに比べて在宅に帰す患者さんが多いですね。入院中から退院後の栄養サポートがしっかりできているからだと思いますよ。M そう言ってもらえるとうれしいです。病気の診療・治療を行うのは医師ですが、「元気になりたい」「辛いけど頑張ろう」「残りの人生はこのように生きたい」といった想いをお持ちの患者さんやご家族の一番側で寄り添うのは看護師の役割。価値観を尊重しながら日々看護に努めていきたいと思います。充実の教育・フォロー体制と温かい雰囲気が魅力S 当院は教育体制がしっかりしています。レベルごめ、食事を摂ることが難しい患者さんも多くいらっしゃいます。計画通りに栄養療法が進まない難しさを痛感しています。S 困っていることがあれば、病棟ラウンドの時にどんどん相談してくださいね。解決に導けるようアドバイスをします。M ありがとうございます。とても心強いです。理想とする看護師像をめざし着実にキャリアアップM Sさんはどうして認定看護師の資格を取得しようと思ったのですか?S 私は、超急性期からリハビリ期までの患者さんに関わり、学びたいと思って当院へ入職しました。自ら希望して配属になった脳神経外科の病棟でリハビリ看護への関心がどんどん深まっていきましたね。そんな時、教育・指導、NSTでの決定事項の病棟への周知活動、退院後の栄養サポートなどに携わっています。リンクナースになった当初は、栄養のことはまったくわからない状態でした。院内の「学習会」に1年間参加したことで栄養管理に関する理解が深まり、患者さんにとって、栄養状態がいかに重要であるかを再認識しています。S 「学習会」は栄養に関する専門的な知識が学べる良い機会。自身のキャリアアップには非常に役立ちますが、さらに経験を重ねることも必要。さまざまな症例があるので悩むことも多く、大変だと思います。M チーム内で決定したことを患者さんに伝え、食事形態の変更や補助栄養食品・ドリンクの追加に加え、医師に相談のうえ点滴の内容変更などを試みるのですが、化学療法の副作用で食欲不振や味覚障害などが起こるた嚥下チーム立ち上げの話をいただいたんです。先輩の勧めもあって、「摂食・嚥下障害認定看護師」の資格を取得。その後、NST専従看護師となり、入院中の全患者さんを対象に活動しています。栄養管理が適切に行われているかを確認し、積極的に栄養管理が必要な患者さんにはチーム介入を行うのが主な業務。多くの診療科の患者さんの回復過程に携わることができるのは大変勉強になり、やりがいを感じます。特に重症患者さんが回復した姿を病棟看護師と喜び合えるのは最高にうれしいですね。M 私にとっても、患者さんの回復が一番のやりがいです。最近では、患者さんが入院時と同じように在宅での療養生活ができるよう、看護サマリーによって栄養サポートを行っています。S 入院中はNSTの介入があるので、栄養管理はきっちりされていますが、どうしとにステップアップできる研修制度「クリニカルラダー」があり、一人ひとりの学習ペースに合わせて学べます。屋根瓦方式によりみんなで新人を見守り育てていくので、新人も先輩も共に学び合い、成長できる環境です。M 私の新人時代を振り返っても、1年目のときに3年目の先輩がシスターとして精神面のサポートを、5年目の固定チームリーダーの先輩が技術面のサポートをしっかりしてくれました。教育体制が充実しているからこそ、ここまで続けてこられたんだと思います。先輩方が私を育ててくれたように、今度は私が新人看護師を育てていきたいと思います。S 私も現状に満足せず、自己研鑽に励むとともに、NSTは楽しいと思ってもらえるような活動を行い、後輩の育成に力を入れていきたいですね。CONTACT病院種別 大学病院設置体 学校法人診療科目血液腫瘍内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器・感染症内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌内科、糖尿病内科、消化器肝臓内科、心療内科、総合診療科、神経内科、精神神経科、小児科、肝胆膵外科、消化管外科、小児外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児心臓外科、血管外科、脳神経外科、小児脳神経外科、ほか病床数 附属病院:751床総合医療センター:477床香里病院:199床職員 附属病院:1,575人総合医療センター:947人香里病院:298人(2018年5月現在)看護師 附属病院:868人総合医療センター:532人香里病院:163人(2018年5月現在)看護部長附属病院:島村里香総合医療センター:谷田由紀子香里病院:安本マリ学校法人 関西医科大学(附属病院/総合医療センター/香里病院)〒573-1010 大阪府枚方市新町二丁目5番1号TEL.072-804-0101(代)http://www.kmu.ac.jp/nursrecr/Profile脳神経外科、GICU、消化器外科、耳鼻咽喉科など幅広い診療科で経験を積む。「摂食・嚥下障害看護認定看護師」資格を取得し、現在はNST専従看護師として活躍中。H.S.入職以来、女性診療科、乳腺外科、消化器外科、リウマチ科の病棟看護師として勤務。昨年からNSTリンクナースとしての役割も担い、活躍の場を広げている。K.M.はこちら67

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る