マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
69/88

信頼関係という部分は、私たち看護師が作り上げていかなければならない。そうしたことが、果たして自分にできているのだろうか、という不安は常に感じています。豊住 医師がご両親に対して、何か重大な事態を告げなければならないとき、例えばそれが、経過が良くないといったようなネガティブなことだったりすると、信頼関係はとても重要になりますよね。ご両親に医療チームとしての判断を信じていただかないと、治療を思ったように進められないケースも出てくる。ご両親にもさまざまなタイプの方がいらっしゃいますから、簡単なことではないのだけれど、できるだけコミュニケーションを図って、私たち看護師に心を開いてもらう必要がありますよね。吉川 毎日、子どもたちの姿を見ていると、彼らは彼らなりに、大人に対して気を遣っいうのは、責任が大きくなっていくのだと実感しています。豊住 新人看護師の育成というのは、先輩看護師にとっても成長の機会なのです。看護は科学的根拠に基づくものですから、私が大学で学んだ十数年前とは看護の技術が進化した部分もありますし、新人看護師がひたむきに患者さんに接する姿を目にすることは良い刺激になります。日々の業務の効率を上げるためには、割り切らなければならない部分もあるけれど、それが過ぎると患者さんの心のケアができなくなってしまう。新人看護師の存在は、私たちにとってカンフル剤のようなものなのです。ご両親や患者さんとの信頼関係を作るのも重要な仕事吉川 当センターの血液腫瘍科で働くようになって、大学時代の実習では気がつか密な教育プログラムを作成してくださるので、とても勉強になっています。豊住 当センターでは、入職1年目は受け持ちの患者さんを持たないアソシエイトナースを経験し、2年目からは先輩の助言を受けながらプライマリナースとして患者さんを受け持つようになります。そして3年目の終了時に自立を目指すという流れです。私は教育担当として吉川さんの成長を見守ってきましたけれど、看護という仕事に対してとても真摯な姿勢を持つ、優しい人だなという印象を持っています。吉川 しかし、担当する仕事の範囲が広がるにつれて、前に教えてもらったことが実践できなかったり、自分のスケジューリングに問題があって患者さんやご両親をお待たせしてしまうなど、落ち込むことも増えました。看護師として成長していくとなかった、看護師という仕事の多様性を感じるようになりました。1年以上にわたって入院する子どもたちにとっては、病棟は治療だけではなく、生活の場であり、成長の場でもあります。病が治癒していくのを見守るといううれしさだけでなく、例えばお箸でご飯を食べるとか、以前はできなかったことができるようになっていく子どもたちの成長する姿を目にするのは本当にうれしいです。豊住 生後数カ月で入院している子もいますから「立てるようになった」「初めて喋った」などという感動的なシーンを目にすることも少なくありませんよね。しかし、その分、ご両親との関係性もどうしても深いものになります。そのあたりで悩んでいることはありませんか。吉川 現実的な問題として、医師が患者さんやご両親と接する時間は長くありません。ているのだな、と感じます。「今、ここで甘えたら、お母さんが困るだろうな」とか、私たちに対しても「これは我慢しなければいけない」とか。愛おしいし、切なくなりますね。豊住 入職から約半年がたちましたが、当センターの血液腫瘍科を選んだことを、吉川さんは今、どう感じていますか。吉川 子どもが好きという理由だけで選ぶとしたら、責任が重過ぎる仕事かもしれません。でも私たちは、この責任の重い仕事を通じ、子どもたちの人生の本当に深いところにつながることができる。これは看護師だからこそできることですし、血液腫瘍科というシリアスな病を扱う分野だからこそだと思っています。まだまだわからないことばかりですが、少しずつ成長していきたいです。CONTACT病院種別 公的病院設置体 都道府県立病院診療科目内科、心療内科、神経内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、胃腸科、循環器科、内分泌科、歯科、小児歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、胸部外科、腹部外科、精神科、神経科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科ほか病床数 5,275床      ※都立病院10病院合計職員 7,380名      ※都立病院10病院合計看護師 4,563名      ※都立病院10病院合計看護体系 7:1看護基準ほか外来患者 1日当たり 7,235人入院患者 1日当たり 4,659人東京都病院経営本部(東京都立病院 10病院)〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎24階中央TEL.03-5320-5821http://www.byouin.metro.tokyo.jp/Profile2007年入職。首都大学東京健康福祉学部看護学科卒業。当院の血液内科、小児外科、形成外科などでキャリアを積み、2018年から現職。新人教育を担当。Naoko Toyosumi2018年入職。宮城大学看護学部看護学科卒業。小児医療に携わることをめざし、当院に入職。最先端の医療を学ぶことのできる血液腫瘍科を志望した。Chihiro Yoshikawaはこちら69

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る