マイナビ看護学生就活BOOK 北陸・甲信越版
71/88

いう方針で指導にあたっている。 看護の専門家として大切なのは、知識や技術だけでなく、自分の看護観をしっかり持ち、それを自分の言葉できちんと伝え、実践できること。そして、患者さん自らが前向きに治療に専念できるような看護にあたることだという。九段坂病院では、全スタッフがより良い看護、より良い看護師をめざし、時には自分と向き合いながら、常に向上心を持って、前向きにパワフルに患者さんのためのぬくもりのある看護を提供しつづけている。実際、患者さんの『治りたい』という気持ちを大切に、術前・術後・リハビリ期と在宅復帰に向けた一連の過程にじっくり関われることが、看護師たちの大きなやりがいになっているようです」と語る看護教育室主任の長尾祥子さん。九段坂病院が提供している看護の真髄がここにあるといえる。この姿勢は、充実したきめ細かい研修制度にも表れている。九段坂病院では専従の教育担当スタッフを配置し、看護師のキャリアアップを支援するキャリアラダーや研修プログラムを企画・実施・評価。患者さんが本当に求めていることは何か、患者さんの意欲を引き出し回復に導くにはどうすればいいかなどを柱に、看護師にとって必要な知識、技術、看護観を育み、質を高める継続教育を行っている。その主軸となるのが事例検討だ。都心の一等地にありながら緑に囲まれた環境のもと、脊椎脊髄疾患を専門とする整形外科を中心に、総合病院として地域医療を支えている九段坂病院。あえて二次救急は行わず、地域医療連携室や回復期リハビリテーション病棟などを設け、都心の高齢化がもたらす急迫した課題、急性期から在宅復帰に向けての治療に取り組んでいる。将来、在宅看護をめざし、地域包括ケアに携わりたいとの思いから入職する看護師も少なくない。 「患者さんは病気の治療とご自分の"quality of life"を求めて入院されます。当院では、退院後を見据え、患者さん一人ひとりの年齢、人生背景、家族構成などバックグラウンドをしっかり把握したうえで、ニーズを満たしながら治療が受けられるよう、その人に寄り添った看護を提供しています。「決して一般論ではなく、実際に自分が経験したこと、失敗したこと、強い印象を受けたことなど身近な事例をもとに考察することで、あらゆるケースを自分のこととして受け止め、自分だったらどうしてもらいたいか、患者さんの視点で考えることができるようになるのです」と長尾さん。 また、中規模病院ならではのアットホームな雰囲気の中、新人に対してもプリセプターだけではなく、みんなで育てていこう、個々の個性を理解し才能を引き出そう、と現場に即した研修や勉強会で 自分なりの看護観を育む在宅復帰までの過程を見据え ニーズに合った看護を提供新人は、新しい環境や人間関係の中で、戸惑うことが多いと思います。だからこそ、自分らしく頑張れる病院を選ぶことが大切です。当院は、看護師一人ひとりに目が届くので、自分らしさを大切に自分のペースで成長できると思います。当院のぬくもりのある雰囲気を、ぜひ見にいらしてください。長尾祥子さん看護教育室主任messageCONTACT病院種別 一般病院設置体 共済病院診療科目内科、心療内科、外科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科病床数 231床        (2018年4月現在)    (2019年5月〜257床に増床)職員 358名 (2018年4月現在)看護師 194名 (2018年4月現在)院長中井 修看護部長佐藤八重子看護体系 一般病棟7:1外来患者 1日平均約354名入院患者 1日平均約178名国家公務員共済組合連合会九段坂病院〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-12TEL.03-3262-9191http://www.kudanzaka.com/1 困ったとき、気づけばいつもそばに先輩がいて支えてくれる。看護師一人ひとりを大事にし、コミュニケーションも取りやすい。また、病院全体で新人を育てていこうというスタンスなので、安心してスタートを切ることができる。 2 ベッドサイドにはいろいろな気づきがある。そこで交わす何げない会話は、患者さんのニーズを捉えるための大切な実践。21はこちら71

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る